口コミ・評判に対する企業の
公式見解が見られるメディア「kai」

株式会社レールテック

線路保守、機械検修、土木工事業、鋼構造物工事業、計量証明事業、建設コンサルタント事業

大阪府大阪市淀川区西中島五丁目4番20号中央ビル3階

口コミ・質問を投稿する

職場環境の実態

「新卒や中途の採用や面接内容」「平均年収やボーナスなど給与について」「休日出勤の有無」「離職率」などの実態は?
「有給の取得率」「育休・産休の取得状況」「会社独自の制度」などの制度の状況は?
など職場環境の評判・口コミに対して、実際の制度から改善への取り組み、結果に至るまで継続してご報告・ご紹介いたします。

  • 待遇について

    年収・給与・評価2023年12月27日  公開

    「給与が安い」との書き込みを見たのですが、実際はどうなのでしょうか。

    実態はこうです
    ご質問をいただきありがとうございます。いわゆる正社員の平均給与は基本給ベースで月27万円(平均年齢35.3歳)です。手当や賞与を含めた平均年収は約590万円で、国税庁が発表している全国の正社員の平均年収523万円(※)を上回っております。給与については毎年ベースアップがあり、直近2023年4月に3000円のベースアップを実施しました。加えて現場作業に関わる特殊勤務手当の増額や、祝日に勤務する際に支・・・続きを読む
  • 夜勤について

    勤務時間・残業2023年12月27日  公開

    「日勤と夜勤の繰り返し」という口コミを見たのですが、実際はどうなのでしょうか。

    実態はこうです
    ご質問をいただきありがとうございます。弊社の業務は線路内での作業も多く、その場合は基本的に最終列車から始発列車までの間の夜勤に実施することになります。特に軌道関係の業務では夜勤が多く、月10回を超えて従事いただくこともあります。これは鉄道という公共インフラを支える会社として避けられないものだと考えています。そのため、日中勤務する日勤に続けて夜間に勤務する夜勤が連続することがあります。夜勤明けの日は・・・続きを読む
  • 会社の将来性について

    企業の方針2023年12月27日  公開

    JRの子会社なので安定している一方で発展もないといった投稿がありました。貴社のビジョンについて教えてください。

    実態はこうです
    ご質問をいただきありがとうございます。弊社はJR西日本の100%子会社であり、JR西日本からの業務が収益の大半を占めていましたが、これまでの業務を通じて培われた技術力を活かし、現在はJR西日本以外の民鉄や地方自治体等からの受注も徐々に増加しています。特にMTT(マルチプルタイタンパー)などの大型保線機械を用いた軌道整備の専門技術については、国内でも有数の技術力であると自負しています。加えて業務体制・・・続きを読む
  • 社風について

    社風について2024年4月5日  公開

    社内の風通しについて教えてください。意見を言いやすいような仕組みがあれば伺いたいです。

    実態はこうです
    弊社は社員一人ひとりに、ブレインとして考え、行動する主体性が必要だと考えています。そして、主体性を生み出すためには仕事を楽しむことが重要だと考え、社員自らが「仕事を楽しめる環境」をつくっていけるよう意見や提案を言える機会を豊富に用意しています。例えば、上期と下期に面談を実施し、仕事をより楽しむための意見・提案などを吸い上げています。加えて、経営幹部が現場に直接出向いて意見交換を行い、課題を吸い上げ・・・続きを読む
  • 評価について

    年収・給与・評価2024年4月5日  公開

    評価の見直しがあると聞いたのですが、いつから変わるのでしょうか。また、キャリアアップに関する制度があれば教えてください。

    実態はこうです
    評価制度は2024年4月から変更いたします。現行基準が実態に合わないことや形骸化していたことから評価基準の見直しを行うこととしました。職位ランクごとに求める能力を再整理するとともに、評価者についても個人的主観に偏らない公平な評価を実施するための研修等も実施していきます。キャリアアップに関しては、評価制度の変更に伴い、現場で培った技術力に加えて、本社や支店など間接部門に異動し、広い視野で業務改善や会・・・続きを読む
  • 業務量について

    勤務時間・残業2024年4月5日  公開

    「一人ひとりの仕事量がかなり多く、夜勤明けでも残業することがある」という口コミを見ました。業務量の実態について教えてください。

    実態はこうです
    軌道部門では使用した保線車両の整備を夜勤終了後の残業時間で実施していました。これについては身体的負担が大きいことから、現在では別のメンバーで保線車両の整備を行うよう勤務の割り当てを工夫するなどの対応を行っています。他にも夜勤の作業結果について、夜勤後に社員が事務所に帰って残業時間でシステム入力していましたが、現在では現地で直接システム入力できるタブレット端末を配備するなど、デジタル化の推進によって・・・続きを読む
  • 技術力の向上について

    福利厚生・社内制度・研修2024年4月5日  公開

    技術力を高めるため、どんなことに取り組んでいますか。

    実態はこうです
    お客様のニーズに寄り添った改善提案ができる技術集団となることを目指し、高度専門技術者育成などに取り組んでいます。軌道部門では、線路の歪みを整える大型保守用機械のマルチプルタイタンパー(MTT)や、レール表面を削正することで騒音抑制やレールの長寿命化を図るレール削正車をオペレーションするための高度技術教育を実施しています。MTTによる軌道整備では、施工計画の立案から現場施工、施工結果の確認まで当社が・・・続きを読む
  • 離職率について

    離職率について2024年2月28日  公開

    「社員がどんどん辞めていっている」という投稿を見たのですが、離職率は高いのでしょうか。

    実態はこうです
    離職率は2020年度8.43%、2021年度9.23%、2022年度11.85%です。厚生労働省の公表によると2022年度の全国の平均離職率は15.0%(※1)であり、弊社の離職率はこれと比較して低い値ではありますが、鉄道インフラを支える技術の継承や向上、日々の業務遂行体制の維持において離職抑制対策は極めて重要な経営課題と認識しています。離職率の抑制に向けて、「心理的安全性」の考えを取り入れた階層・・・続きを読む
  • 評価制度について

    年収・給与・評価2024年2月28日  公開

    評価制度について教えてください。

    実態はこうです
    評価は目標達成と能力伸長などの成果に対して実施しています。年2回上長との面談を実施しており、その際に目標の設定と達成度合い、あるいは能力伸長度合いといった観点で相互に確認することとしています。評価結果に基づいて、ボーナス(年2回)に加算する成績給(5~30万円)、年初1回の定額昇給(1400~2500円)に上乗せする技能評価給(0~2400円)により、活躍に見合った報酬を支払う仕組みとしています。・・・続きを読む
  • 昇格について

    企業について2024年2月28日  公開

    「中間管理職や役員は全員JR西日本の出身」との書き込みを見たのですが、本当ですか。

    実態はこうです
    弊社はJR西日本の100%出資のグループ会社であり、一定数のJR出身者(出向社員やOB社員)と協力して業務をすすめております。JR出身者は2023年現在約250名が在籍(全社員数約1,100名、約23%)し、発注者であるJR西日本との業務に関する調整や折衝など、主として接点業務において培った知見を活かした活躍をいただいています。一方で現場業務を中心とした実務面に関しては、当社のプロパー社員(新卒採・・・続きを読む
  • 残業時間の削減について

    勤務時間・残業2024年2月28日  公開

    残業時間の削減に向け、取り組んでいることはありますか。残業時間の状況も教えてください。

    実態はこうです
    社員の働き方改革の一つとして残業時間の削減にも取り組んでいます。一例として、現場部門では日勤(9:00~17:45)と夜勤(22:00~6:45)の組み合わせにより業務をすすめていますが、日勤に続けて夜勤を行うことが基本であり、これまで軌道部門では使用した保線車両の整備を夜勤終了後の残業時間で実施していました。これについては身体的負担が大きいことから、現在では別のメンバーで保線車両の整備を行うよう・・・続きを読む
  • 休日出勤について

    休日出勤について2023年12月27日  公開

    休日出勤はありますか。

    実態はこうです
    ご質問をいただきありがとうございます。休日出勤は基本的にありません。ただし、豪雪時など緊急対応が必要な場合にイレギュラーで出勤していただく可能性はあります。休日出勤をした後は、もちろん代休取得が可能です。もし業務の状況により取得できない場合は、時間外労働として法定の割増賃金をお支払いいたします。なお、弊社の現場事業所では前月に勤務する日を指定しており、これにより休みの日が決まります。そのため年間1・・・続きを読む