口コミ・評判に対する企業の
公式見解が見られるメディア「kai」

ボイスインターナショナル株式会社

大型商業施設、官公庁施設等の、空調設備の設計・施工・調整・メンテナンス、電気設備・自動制御設備、セキュリティ設備等

東京都豊島区池袋2-57-2 VOICEビル

口コミ・質問を投稿する

職場環境の実態

「新卒や中途の採用や面接内容」「平均年収やボーナスなど給与について」「休日出勤の有無」「離職率」などの実態は?
「有給の取得率」「育休・産休の取得状況」「会社独自の制度」などの制度の状況は?
など職場環境の評判・口コミに対して、実際の制度から改善への取り組み、結果に至るまで継続してご報告・ご紹介いたします。

  • 年収について

    年収・給与について2024年3月27日  公開

    年収が低いと聞いたのですが、実態はいかがでしょうか。

    実態はこうです
    令和3年分民間給与実態統計調査※に記載されている、建設業の正社員平均年収511万円と比べ、各部署ごとの平均年収は工事1部が139%、工事2部が115%、総務部が106%、ボイスインターコミュニケーションが約113%、全社での平均年収は約121%の水準であり、決して低いということはありません。なお、ボイスインターコミュニケーションはビルの空調設備のメンテナンスを行っており、より専門的な知識や資格が求・・・続きを読む
  • 社内交流について

    社員間交流について2024年6月26日  公開

    社内でコミュニケーションを取れる機会はありますか?

    実態はこうです
    現在、部署ミーティング後に希望者参加型で1、2ヶ月に1回の食事会や、年1回全社での懇親会を開催しております。なお、食事会や懇親会はミーティング後に、ピザなどデリバリーしたりして開催しています。また、社員旅行は社員2人以上で行くことで補助金を支給しており、旅行先も個人で決めることが可能です。国内だけでなく、海外にも渡航することが可能です(京都、日光、沖縄、北海道、韓国、グアム、タイ、セブ島など)。そ・・・続きを読む
  • 休暇について

    休日・休暇について2024年3月11日  公開

    安定した休暇が取りにくいと聞いたのですが、実態はいかがでしょうか。

    実態はこうです
    弊社は建造物のメンテナンスや施工などが主要業務のため、土日や夜間の人が少ない時間に業務を行うことも多くあります。そのため、安定的な土日・祝日休みの取得が難しいのは事実です。ただし、事前に立てた作業計画に沿って作業を進めるため、急な休日出勤はほとんどございません。また、より働きやすい環境づくりを目指して改善に着手しております。取り組みとして、近年は認識の齟齬を防ぐため、基本は暦通りの休暇取得が難しい・・・続きを読む
  • 産休・育休について

    産休育休について2024年6月26日  公開

    産休・育休は取りやすいのでしょうか?

    実態はこうです
    社員自身の希望で産休・育休が取得できるのはもちろんのこと、復帰後も安心して働けるよう会社としてサポートしております。長期の育休明けで復職する社員には、子育ての状況に合わせて勤務時間の融通が利く現場や、子どもの急病時などに休めるという条件で契約した現場に配属するようにしております。また、育休を取りやすいのは、女性社員だけではございません。会社としても仕事と家庭を両立することの大切さに性差はないと考え・・・続きを読む
  • 仕事の魅力について

    仕事のやりがい2024年6月26日  公開

    入社を検討中なのですが、貴社で働く魅力は何でしょうか?

    実態はこうです
    弊社の仕事の魅力は、自分で造ったものが形となって残り続けることだと考えております。空調設備に関しても、お客様と建物が存在する限り、メンテナンス・改修などの業務に携わることができます。点検や更新、お客様のご要望に合わせた仕様変更など、日々の仕事を通じ、お客様から「またお願いします」と感謝の言葉をいただいたときは、大きな喜びも感じられます。また、活躍する場の広がりを実感できることで、働きがいも増してい・・・続きを読む
  • ハラスメントについて

    ハラスメントについて2024年6月10日  公開

    どのようなハラスメント対策をされているのでしょうか?

    実態はこうです
    弊社では、ハラスメントを決して許容することはございません。万が一ハラスメント事例が発生した場合、降格や減給、人事異動も視野に入れ関連する社員に必要な処分を施し、再発防止に努めます。ハラスメント防止に向けて、社員に対し定期的な面談を実施し就業環境への不満がないかなどをヒアリングしております。新入社員に対しても入社時研修にてコンプライアンス教育の一環として「ハラスメント教育」を実施しており、該当する行・・・続きを読む
  • 面接について

    就業先企業について2024年6月10日  公開

    採用応募を検討しています。面接の際に重要視している観点があれば教えて下さい。

    実態はこうです
    前提として、面接は「お互いを尊重しつつ、相性を確かめ合う場」と捉え、節度を持って実施しております。なお、面接時には志望動機などの一般的な質問をしており、特に大事にしているポイントは以下2点です。1、一緒に仲間となって働いていただきたいと思えるか2、「明るい」「元気」「賢い」「誠実」のうち、どれか1つ強みと言えるものがあるか入社後のミスマッチは会社だけでなく、応募者の方にとっても不幸な結果を招きます・・・続きを読む
  • 風通しについて

    制度について2024年5月17日  公開

    「社員の意見が通らない」と聞いたのですが、実態はいかがでしょうか。

    実態はこうです
    社員からの意見が全く通らないということはございません。発生した課題に対しては各部署に意見を求めることもあり、それぞれの部署内で管理職が意見を拾い上げております。一方で、前提知識が必要な業務や制度については、改善効率の観点からまずは有識者へヒアリングしております。過去、社員の意見を吸い上げた実績も多くあり、その中には4年前に導入した出産祝金や3年前に導入した福利厚生「チケットレストラン」もあります。・・・続きを読む
  • 昇級昇格の評価について

    年収・給与・評価2024年4月30日  公開

    昇級昇格の評価をする際、大切にしていることを教えて下さい。

    実態はこうです
    弊社では信義誠実・顧客満足という考えのもと、成果実績や知識・スキルの修練度、人間性という様々な観点で昇級昇格の評価をしております。「人間性」を評価対象としている理由といたしましては、前提として規約を遵守しているか、経営方針に共感を持てているかなど、成果だけでなく人間性も評価することで、社員が成長実感を感じられるようになると考えております。また、評価が高い社員の特徴として、経営方針※の中にある「顧客・・・続きを読む
  • 現場の危機管理体制について

    コンプライアンスについて2024年4月11日  公開

    現場では事故も起こり得ると思いますが、どんな対策を取られているのでしょうか。

    実態はこうです
    弊社は「ルールの周知と教育が企業としての努め」と考え、社員の安全を第一に現場の危機管理体制を整えてまいりました。取り組みとしては各現場でのヘルメット・防具の着用、立入禁止区画の設置など明確なルールを設け、月1回のチェックを実施しています。このルールについては弊社社員だけでなく、協力会社の皆様にも履行を徹底していただいております。また時代の流れに沿って、現場の安全に配慮したルールの厳格さが増していま・・・続きを読む
  • 残業時間について

    勤務時間・残業2024年3月27日  公開

    残業時間が多いと聞いたのですが、なにか対策はされていますか?

    実態はこうです
    2015年頃は新築の工事が多く、納品期日が逼迫することもあり残業時間が長くなる日があったことは事実です。ただし、現在は改修工事が多い背景があり、直近の2022年度から2023年度にて現場に携わる部署は平均して残業時間が8%減少しています。残業時間が多い社員には会社から声がけをし、業務量の調整を行うなど社員の負担削減に努めています。また現在は各現場の工程表をもとにシフトを事前に確認し、修正要望があれ・・・続きを読む
  • 業務管理について

    フォロー体制について2024年3月14日  公開

    「現場担当者へのフォローが薄い」という口コミを見たのですが、実態はいかがでしょうか。

    実態はこうです
    現場監督者含む現場担当者がより働きやすい環境を作るべく、定期的に複数名の役職者で現場の確認を実施しています。また、現場社員が気軽に提言しやすいような体制づくりに努めています。まず、ボイスグループは2021年にグループ会社のボイスインターナショナルから技術部を独立させ、ボイスインターコミュニケーションを設立しました。この分社化を進めたことで業務分掌が促進され、今まで以上に社員一人ひとりの業務を管理し・・・続きを読む
  • 職場環境について

    勤務時間について2024年3月11日  公開

    「施工現場用の事務所が汚く、また業務が忙しくて帰れない時もあった」という口コミを見ましたが、実態はいかがでしょうか。

    実態はこうです
    10年程前は、現場を管理をするためにビルの機械室や地下倉庫などに事務所を構えていたため、就業環境が整っていなかったのは事実です。現在は、事務所を各エリアに賃借することで衛生的な職場環境の改善に努めています。また、新築の工事現場では工期の関係で残業が発生する日もございますが、現状は就業環境も整い、多くの社員が元々決められていた時間通りに退社しています。その他、各課の現場監督者から作業現場に関する意見・・・続きを読む
  • 事業展望について

    企業の将来性2024年3月11日  公開

    「この先の事業展望が見えないのであと数年で潰れる」という口コミを見たのですが、実態はいかがでしょうか。

    実態はこうです
    一般的なビルの法定耐用年数は60~100年ですが、空調設備の法定耐用年数は6~15年です。そのため建造物の建設業と比べ、短いスパンで安定的に発注をいただける業種であると考えています。弊社は空調設備の自動制御システムの分野おいて国内シェア約90%を持つ大手企業とパートナー契約を組んでおります。加えて現状、国内の建物数や今後の業界動向から、今後数十年先まで継続的に事業が継続すると自負しています。また月・・・続きを読む