口コミ・評判に対する企業の
公式見解が見られるメディア「kai」

株式会社NITTAN

1.各種発動機弁の製造販売業 2.輸送用機器部品の製造販売業 3.紡機部品の製造販売業 4.機械部品器具の製造販売業 5.農作物の生産、加工および販売事業 6.日用品雑貨およびスポーツ用品の製造販売業 7.前記各号に関連する附帯事業

本社工場:神奈川県秦野市曽屋518番地 東京本社:東京都新宿区西新宿8丁目4番2号 野村不動産西新宿ビル2F

口コミ・質問を投稿する

商品・サービスの実態

「サービスに関してこんな評判を聞いたのだけど本当?」「今は改善されているの?」などサービスの評判・口コミに対して、事実内容から改善への取り組み、結果に至るまで継続してご報告・ご紹介いたします。

  • 新製品の開発状況について

    サービスについて2023年8月7日  公開

    差し支えない範囲で、 現在の新製品の開発状況について伺えますでしょうか。

    実態はこうです
    2030年までの中長期経営ビジョン「NITTANチャレンジ10(NC10)」の開発アイテムとしては、底面鏡面化バルブやハイパー中空バルブ、船用中空バルブなどが挙げられます。2022年から量産、先行開発に乗り出しているアイテムもあり、2024年以降はいずれも随時量産を開始する予定です。また、設備部品なども量産を始めており、さらなる受注増を見込んでいます。燃料電池(FC)用の電動過給部品は量産受注が確・・・続きを読む
  • 電気自動車への対応について

    企業の方針2023年8月7日  公開

    「電気自動車への対応が遅れている」といった書き込みを見たのですが、貴社の今後の事業展開について教えてください。

    実態はこうです
    電気自動車(EV)への対応は重要な経営方針として、順次進めております。2030年までの中長期経営ビジョン「NITTANチャレンジ10(NC10)」の達成を目指す意義としては「多様な技術を駆使し、自動車業界の脱炭素化の実現に貢献すること」を掲げております。NC10では事業の3本柱のひとつに電気自動車(EV)領域を据え、減速機や電動過給機、駆動部品などの開発・量産体制を構築いたします。なお、EV領域の・・・続きを読む
  • 今後のエンジンバルブの動向について

    企業について2023年8月7日  公開

    「EV車の普及により、今後エンジンバルブの需要が頭打ちになる」といった書き込みを確認したのですが、 今後の業界の将来性について伺えますでしょうか。

    実態はこうです
    確かに世界的に見ても電気自動車(EV)の普及が進んでおり、ガソリン車等の内燃機関を持つ自動車の部品である、エンジンバルブの需要が減少するようなイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。しかし、世の中の情勢を鑑みて今後もエンジンバルブの需要は維持し続けると考えております。EUでは2035年以降も水素やアンモニアなどの脱炭素燃料限定で、内燃機関を持つ自動車の販売規制が解除されました。また、急速・・・続きを読む
商品・サービスの実態をもっと見る

職場環境の実態

「新卒や中途の採用や面接内容」「平均年収やボーナスなど給与について」「休日出勤の有無」「離職率」などの実態は?
「有給の取得率」「育休・産休の取得状況」「会社独自の制度」などの制度の状況は?
など職場環境の評判・口コミに対して、実際の制度から改善への取り組み、結果に至るまで継続してご報告・ご紹介いたします。

  • ジョブローテーションについて

    働き方について2024年5月31日  公開

    「ジョブローテーションを取り入れており、仕事の幅を広げることができる」という投稿を見て、貴社に興味を持ちました。具体的にどんな仕組みが整っているのでしょうか。

    実態はこうです
    会社として社員にはさまざまな職場を経験することで全社的な視点を養ってほしいと考え、ジョブローテーションを行っています。企業活動は多くの部署が連動して取り組む必要があり、各部署の事情をよく知ることは会社組織を動かす上での重要なポイントとなります。またグローバルに活躍するには現地法人を適切に管理することが必要なため、組織を横断的に把握する能力を身につけておく必要があります。今後も定期的かつ計画的なジョ・・・続きを読む
  • 休日出勤について

    休日出勤について2024年5月31日  公開

    「土日は休みとなっているが、毎週土曜出勤をお願いされる」との口コミを見ました。実際に、そのような状況なのでしょうか。

    実態はこうです
    休日出勤は平均すると月1回程ですが、繁閑に応じて多い月もあれば、少ない月もあります。生産計画を立案し、計画に基づき適正な人員配置で生産を行っていますが、完全に需給を読むことは難しいところがあり、休日出勤をお願いすることがあります。労働基準法や36協定を遵守していることは言うまでもなく、土日祝の勤務が必要な場合は本人の同意を得ています。なお出勤日の労働条件や実態について、直接雇用の社員には採用面接で・・・続きを読む
  • 評価基準について

    評価について2024年5月14日  公開

    「評価基準が曖昧で、部門間の平準化もできていない」との口コミを見ました。実際はいかがですか。

    実態はこうです
    評価項目については等級ごとに求められる職能を定義しています。職種ごとのスキルの定義については、一定の品質基準と照らし合わせて公平に評価するようにしています。ただし、同一部門における評価基準の平準化はできているものの、業務内容が異なる部門間ですべての要素を平準化するのは難しいことも事実です。そのため、評価者向けの研修の実施や、評価結果に納得できない場合は異議申し立てを認める制度等、適正化を図る仕組み・・・続きを読む
職場環境の実態をもっと見る